2011年08月20日

リオちゃん!NPOゆめのクリーン電力システム促進プロジェクトでこんなことも考えているよ。

リオちゃん!NPOゆめのクリーン電力システム促進プロジェクトでこんなことも考えているよ。

電気自動車を併用した場合を検討いたします。


110802-01-01.jpg

日産リーフ、充電中の消費電力ですが、仕様として、リチウムイオン電池の容量が

24kWhという記載があります。

また、別の所に、一般家庭では、200Vで、約8時間の、普通充電、という記載があります。

従って、

24(kWh)= 3(kVA)× 8(h)

だから、

夜間の充電に必要な容量は、約3kVA、回路は、少し余裕を持ってだろうという推測です。

検索すると、「 EV普通充電用 電源回路ガイドライン 日産自動車株式会社 」というのが、以下にありました。

http://ev.nissan.co.jp/LEAF/PDF/guideline_charge.pdf

「 200V/20A 」という記述があるので、充電のためのコンセントの容量は、4kVAです。

冊子には、費用対効果について、以下の記載があります。

6年間の保有を前提に同クラスのガソリン車と比較した場合、EVの燃料代は86,000円となり、ガソリン車の67万円に比べて圧倒的に安くなります。その結果、車両価格を含めた6年間の総支払額は、同クラスのガソリン車とほぼ同等となります。

月1000km走行を前提
ガソリン代148円/L
電気代9.17円/kWh

要は、初期コストは高いが燃料費が安いので、それで元が取れるという試算でしょう。

本当でしょうか? ということで、計算してみます。

まず、67万円、から検証。

月1000kmなので、6年間で、72.000km、走ったことになります。

67万円ということは、148円/Lのガソリンを、6年間で、4.527L、購入しているので、

ここで計算の前提としているガソリン車の燃費は、以下で、

72.000(km)/4.527(L)= 15.9(L)

異常に燃費が悪い車、なんていう前提、ではなさそうです。少なくとも、我が家のよりは、ずっと良いです。1台は、この半分以下です。従って、この数字より、燃費が悪い車の場合、6年間よりも早く、元が取れる?計算になります。今後6年間の、ガソリンの平均価格は、148円/Lでしょうか。これは、判りません。

86,000円は、どうでしょうか。

仕様書には、満充電で、走行距離が、約160km、といった書き方なので、6年間に必要な充電の回数は、

72.000(km)/160(km)= 450(単位なし、回数)

リチウムイオン電池の容量が、24kWhなので、深夜電力で、空、から、満充電、すると、

24(kWh)× 9.17(円/kWh)= 220.08円

これが、450回なので、

220.08(円)× 450=99.036(円)

13.000円ほど、違います。

それから、深夜電力の基本料金が、計算に含まれていません。


冒頭の、3)として、深夜電力を、4kVAで契約すると、1.260円の月額基本料金ですから、上記の電気代に加えて、6年間で、90.720円の増額となり、上記との総額は、約19万円です。

急速充電器の利用料金が、無料なら、この金額は、意識的に、減らせます。利用料金は、どうなんでしょうね。検索したところ、その辺、よく判らない印象です。

東名は、1回、100円、という記事がありました。しかし、1回で、何分間、充電できるのか判りません。日産リーフの場合、10分で、約50kmとあるので、約1/3の容量と思われます。30分なら、80%の容量とあるので、100円で、30分、急速充電できれば、家で充電するよりも、お得かもしれません。
ちなみに横横道路(横須賀〜横浜)の横須賀インターの急速充電器の利用料金が無料でした。

2011年8月2日

日産自動車、「日産リーフ」の駆動用バッテリーから一般住宅へ
電力供給するシステムを公開

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は2日、ゼロエミッション社会の実現に向けた包括的な取り組みの一環として、日産リーフに搭載している駆動用のリチウムイオンバッテリーから一般住宅へ電力供給するシステムを日産のグローバル本社前に建設された積水ハウス株式会社の「観環居」*1にて公開しました。日産では早期にシステムの開発や系統電力との連携方法などについての検討を実施し、開発・販売に関心を持つ幅広いパートナー企業と連携しながら、2011年度内の販売開始を目指していきます。



今回のシステムは、一般住宅の分電盤に直接接続し、コネクターを日産リーフの急速充電ポートへ繋ぐことで、日産リーフに搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住宅へ供給することを可能とします。また、コネクターはグローバルに使用実績があり、汎用性や安全性、信頼性の高いCHAdeMO協議会の急速充電器プロトコルに対応しています。
本システムを使用することで、停電時や電力が不足する時間帯などに備え、日産リーフの駆動用リチウムイオンバッテリーを家庭用の蓄電池として活用することが可能となります。また、本バッテリーの蓄電能力は24kWhと大容量であるため、一般家庭の約2日分*2の日常使用電力を賄うことができます。
さらに、夜間電力や再生可能エネルギーである太陽光で発電した電力を使って日産リーフに充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することにより、家庭への安定した電力供給やピークカットの効果も期待できます。
また、本システムは車両から電力を供給するだけではなく、車両への充電も行うことが可能で、現在日産リーフにお乗りいただいているお客さまも使用することができます*3。

【システム概要】
◆ 電力制御装置 (PCS: Power Control System)
定格:6kW
制御方式:正弦波PWM方式
系統出力:単相3線式200V
◆ 操作表示パネル
充電、電力供給切り替え指示
電池残量・出力電圧・出力電流表示
◆ 日産リーフ接続仕様
急速充電コネクター(CHAdeMO仕様)
◆ 日産リーフ
電力供給プログラムへの対応
*1 「観環居」
総務省の委託事業の一環として実施した「スマート・ネットワークプロジェクト」のために積水ハウスが建設した実証実験住宅
建物:環境配慮型住宅「グリーンファースト」仕様 木造シャーウッド住宅「ザ・グラヴィス」
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい5丁目1-17(54街区)
URL:http://www.sekisuihouse.co.jp/snpj-kankankyo/
「スマート・ネットワークプロジェクト」幹事企業:
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、日本電気株式会社、株式会社バンダイナムコゲームス、積水ハウス株式会社
*2 日本の一般家庭の平均的電力使用量10~12kWh/日とした場合
*3 別途 電力供給プログラムへの対応が必要
<関連URL>
「日産リーフ」サイト
http://ev.nissan.co.jp/
「日産ゼロ・エミッション」サイト
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/
以 上

--------------------------------------------------------------------------------

いよいよ「NPOゆめのクリーン電力システム促進プロジェクト」の始まりはじまりです。

実際にリーフを購入するにあたっては、政府のEV購入補助制度(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策補助金)で、
約77万円の補助が見込まれるため、購入者の負担は299万円になる。
と日産自動車の片桐常務は説明しています。

もっと良いことに神奈川県の黒岩祐介知事は太っ腹です。
さらに下記のように日産リーフに390,000円の補助金を支給しています。
補助対象車種及び補助金額について
補助対象車種
電気自動車の銘柄 補助限度額(注1)
日産自動車株式会社「リーフ」 390,000 円
富士重工業株式会社「プラグイン ステラ」 500,000 円
株式会社光岡自動車「雷駆(ライク)」 500,000 円
三菱自動車工業株式会社「i-MiEV(アイミーブ)」 500,000 円
三菱自動車工業株式会社「i-MiEV G」 480,000 円
三菱自動車工業株式会社「i-MiEV M(急速充電機能付き)」(注2) 370,000 円
(注1) 国補助(経済産業省クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業)の交付上限額の1/2以内。
(注2) i-MiEV M は急速充電機能付きの場合のみ補助対象となります。 
前述のごとく日産自動車の冊子には、費用対効果について、以下の記載があります。

6年間の保有を前提に同クラスのガソリン車と比較した場合、EVの燃料代は86,000円
となり、ガソリン車の67万円に比べて圧倒的に安くなります。その結果、車両価格を含めた
6年間の総支払額は、同クラスのガソリン車とほぼ同等となります。

月1000km走行を前提
ガソリン代148円/L
電気代9.17円/kWh

これらを基準に日産リーフの燃料代を算出すると

1.194円 / 月 になります。

今、私は日産セレナ2005年式を使用していますが、リッター8km走行で月に焼く1000kmを
走行しています。ガソリン代は約20.000円です。

月間 1000km 走行
セレナ(ガソリン車) 8 km / リッター = 125 リッター
125 L × 148円 = 18.500円
日産リーフの場合 =  1.194円
EV車に替えた場合 燃料代は17.306円のお得
そして、これからが肝心なところです。
家庭の電力の一番使用量の多い夜間の電力をリーフのバッテリーから使用します。

買電電力 内訳表
基本料金 朝 昼 夜 深夜 金額
時間帯別電力 40.00 49.00 183.45 257.62
各電力単位 23.13 29.55 23.13 9.17
料金 1.260 925 1.448 4.243 2.362 10.239

売電電力 内訳表
売電量 単価
245.00 42 10.290













ゆめのクリーン電力システム促進プロジェクト・ホームページ





今日の電気予報




posted by 3020kuma at 09:36 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221293324

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。